今回ご紹介するアーティストは
80年代中頃から後半にかけて活躍した
伝説のロカビリーバンド。

ご紹介CDはこちら。

ゴールデン☆ベスト ヒルビリー・バップス
ヒルビリー・バップス
ユニバーサルJ (2006-03-01)
売り上げランキング: 13609
ゴールデン☆ベスト ヒルビリー・バップス
(試聴はありません。ごめんなさい・・・)

HILLBILLY BOPS(ヒルビリー・バップス)。
・・・といっても知らない人のほうが多いかもしれません。

宮城宗典(みやぎむねのり)という不世出なボーカルを擁した
当時メジャーとしては珍しいロカビリースタイルのバンドで、
彼のアイドル的なルックスもあり、たちまち人気バンドに・・・。
(ちなみに宮城さんは松本隆原作の映画「微熱少年」にも出演)

まずはそんな彼らを知ってもらうためにPVを貼り付け!!
曲は“僕たちのピリオド”。



いかがですか?
リスナーを若い頃にタイムスリップさせてくれる
宮城さんの若々しいはじけた声がほんとイイでしょ。

で、上のPVを観た人の中には

“こんなアーティストを今まで知らなかったなんて・・・”

と自責する人もいるかもしれませんが、ご存じない方の為に言いますと、

実はボーカルの宮城さんは人気絶頂の中、日清パワーステーションで行われた
全国ツアー初日公演翌日の1988年3月29日に飛び降り自殺してしまいました。
原因は今でも不明とのこと・・・。

バンド結成が1983年4月ということで、宮城ボーカルでのヒルビリー・バップスの
活動は実質5年あまり。またメジャーデビューをしたのが1986年4月なので
メジャー活動的にいえば、わずか2年あまりの活動ということになります。
(なお、その後横山裕高を2代目ボーカルに迎えて活動するも1991年に解散)

なので、知らないのも無理ないかも・・・。
まさしく知る人ぞ知る伝説のバンドというこのバンド。

ですが、このまま忘れ去られるのは惜しい、もっと多くの人に聴いてもらいたい、
そんなバンド。なので、みなさんも一度お試しくださいませ!!

では最後に彼らのメジャーデビューシングル“微熱なキ・ブ・ン(とびきり16才)”
と彼らの代表曲でもある“真夜中をつっぱしれ”をお届け!!






【関連サイト】
ヒルビリーバップスのブログ
(現在もメンバーによって綴られているヒルビリーバップスの公式ブログ)

宮城宗典(ヒルビリーバップス):君にロックンロールを!:So-netブログ
(ヒルビリー・バップスなどを取り上げているロックンロール個人ブログ)