今回ご紹介するアーティストは
変幻自在の歌声が魅力のこちらのアーティスト。

ご紹介CDはこちら。

二階堂和美のアルバム
二階堂和美
Pヴァインレコード (2006-08-04)
売り上げランキング: 2975
二階堂和美のアルバム
mora win[モーラ ウィン] : 二階堂和美「二階堂和美のアルバム」
(Amazonページには試聴がないので代わりにmora winの試聴を貼り付け。
全曲試聴できます!!)

“二階堂和美ってどんなアーティスト?”

もし誰かにこう尋ねられたならば、僕はきっと言葉に窮してしまうでしょう。

というのも、正直いうと僕にも良く分からないんです・・・って
音楽紹介ブログを書いてる僕がこんなこと言っちゃあダメなんでしょうけど。

あえて言うならば“宇宙”といったところでしょうか?
壁がないというか、限界がないといったところが・・・。

その辺を分かっていただく為に彼女の曲を2曲貼り付け!!
曲は“Lovers Rock(Live)”と“今日を問う Part2”。





いかがですか。この2曲を同じ人が歌っているって信じられます?

このように彼女の歌って一曲一曲がほんと違っているんです。
それはただ単に個性があるというのでは片付けられなくって、
言うなれば“別人格”。

確かに、色々な歌い方をするアーティストっていうのはいるんです。
でもそういうアーティストっていうのはベースとなる歌い方がまずあって、
それに派生する形でいろいろな歌を歌っている感じなんですが、

彼女の歌はそれとは違ってて、彼女のベースとなる歌声がほんとわからない。

野球に例えると、球種をいっぱい持っているピッチャーというよりも
ピッチャー自体がどんどんと選手交代していく・・・といった感じ。

ほんと、つかみどころがないそんなアーティスト。
そういう意味で“宇宙”と前述したわけですが・・・。

でも、彼女もやっぱり人間だから
どこかでは彼女の歌は一つに繋がっているのかなとも思ったりもして・・・。

あ〜、やっぱりわからない。

あっ、でもわかることが一つだけ。
このアーティスト、オススメですのでぜひ一度お聴きください!!

最後に彼女の最新アルバム「にじみ」の中から“女はつらいよ”をお届け!!



にじみ [初回特典CD付き盤]
二階堂和美
Pヴァイン・レコード (2011-07-06)
売り上げランキング: 322
にじみ [初回特典CD付き盤] [Limited Edition]
mora win[モーラ ウィン] : 二階堂和美「にじみ」
(Amazonページには試聴がないので代わりにmora winの試聴を貼り付け。
特典CDの“ハッとして!Good”以外全曲試聴できます!!)


【関連サイト】
二階堂和美 - Nikaido Kazumi
(二階堂和美公式サイト。Diary欄より公式ブログもご覧いただけます!!)

Interview : 二階堂和美 - 前編 | 独特な詞世界にノスタルジックなメロディがのる。5年ぶりのオリジナルアルバムをリリースした彼女の音楽のルーツは?| Feature | Web
(最新アルバム「にじみ」リリースに際して行われたインタビュー記事。
「自分の言葉を、自分のメロディで歌いたい――」との思いで制作したとか・・・)

Muse - 女性シンガーの現在地 二階堂和美
(弾き語りカバーアルバム「ニカセトラ」リリース時に行われたインタビュー記事。
彼女のカバー曲といえばミニアルバム「ハミング・スイッチ」に収録されている
斉藤由貴の「卒業」。名曲なんで機会があればぜひ聴いてみてください!!)