今回ご紹介するアーティストは
昭和のジャズ歌謡の雰囲気漂うメロディーと
独特の歌詞が魅力のこちらのアーティスト。

ご紹介CDはこちら。

終楽章 コンプリート・ベスト2000〜2008
倉橋ヨエコ
ビクターエンタテインメント (2008-09-17)
売り上げランキング: 19679
終楽章 コンプリート・ベスト2000〜2008
倉橋 ヨエコ|終楽章 コンプリートベスト2000〜2008(DISC-1) | FlyingStar Records
(Amazonページには試聴がなかったので代わりにFlyingStar Recordsのページ
を貼り付け。全曲試聴できます!!)

倉橋ヨエコ。アルバムタイトルに“終楽章”とあるように
実はすでに廃業しているアーティストなんでありますが、

まずはそんな彼女のデビューアルバム「礼」の1曲目に収録されている
“感謝的生活”。コレをお聴きください!!



今から思えば、ヨエコ劇場の幕開けともいえるこの曲。
初めて聴いたときにはあまりのセンスに固まってしまいました。
新人歌手のデビューアルバムの1曲目ですよ、これ。

“ありがとうを忘れた子は 一人では生きられません 
ありがとうを思い出すまで幸せはこない”

“誰かが運んだものを食べ
誰かが企画したものを買うよ”

“誰かが徹夜した服着て
誰かが汗流した家に住む”

ほんと強烈なフレーズが耳に残ります。
残るというより、こびりつくと言ったほうが的確かも・・・。

それゆえに中毒性ももっていて
何度も繰り返して聴きかえしたくもなる彼女の曲。

みなさんもそんな彼女の歌にひたってみてはいかがですか?
彼女の自身を削って生み出されたフレーズに救われることがあるかも・・・。

最後にそんな彼女の歌の中から明暗の2曲をお届け!!

“言えない気持ちを卵とじ お弁当に詰めまして”
のフレーズが印象的な“卵とじ”。



ほんとはこちらのほうが倉橋ヨエコらしいのかも!?

“でも飛び出していこう 待ってる人はいないけど
泣き止んでみても 外はもっと雨”

というなんとも世の中のやるせなさを感じさせる
フレーズが印象的な“今日も雨”。




【関連サイト】
eo音楽|倉橋ヨエコ インタビュー
(倉橋ヨエコ廃業に際して行われたインタビュー記事。これ以上のものは自分からはもう出せないという達成感から廃業にいたったとか・・・)

倉橋ヨエコ インタビュー
(音楽の先生かピアノの先生になるつもりがデモテープをきっかけにこの世界に・・・。)

ナタリー - [Power Push] 倉橋ヨエコ
(DVD化された「解体ヨエコショー」のダイジェスト映像をご覧いただけます!!)

解体ヨエコショー [DVD]
ビクターエンタテインメント (2010-09-20)
売り上げランキング: 28611