今回ご紹介するアーティストは
アニメ、声優界では伝説となっているこの方。

ご紹介CDはこちら。

For RITZ
For RITZ
posted with amazlet at 11.04.20
岡崎律子
キングレコード (2004-12-29)
売り上げランキング: 4590
For RITZ
(上記Amazonページより全曲試聴ができます)

岡崎律子さん。ご存じない方のために言いますと
実は彼女、2004年5月5日に敗血症性ショックのため、
すでにお亡くなりになられております。

で、そんな彼女の遺作とも呼べるのがこのアルバム。
彼女が生前書き残した未完成の楽曲を、一時は発売を危ぶまれながらも
スタッフが音源を集めて作り上げた苦心の作品となっております。

なお最後に収録されている“For フルーツバスケット”は
「新しいアルバムには絶対に収録しよう」
という彼女との約束を果たすべく収録された曲。

それではそんな“For フルーツバスケット”と“fay”の2曲のPVをどうぞ。





僕が彼女の歌を聴いていて、いつも思うのは
“今の世の中に足りないのは岡崎律子なんじゃないか?”
ということ。

21世紀に入り、インターネットの普及で便利になった反面、
ちょっとしたことでも記事になったり、過去の罪に対して
いつまでも叩くようなネット世界の状況に少々息苦しさも・・・。

“失敗は許されない”

自分たちで知らず知らずのうちにそんな世の中を
つくってしまっている感があります。

そんな今だからこそ“彼女の歌詞に綴られている優しさ”
これが必要だと思うのです。

彼女の歌って人間の不完全さをあらかじめ汲んでくれて、
その上で生きてゆこうと優しく語りかけてくれる、
“失敗することもあるよ、何をやってもダメなときもあるよ。
でももう一度がんばってみようよ”
とそっと応援してくれる、そんな感じがするんです。

だから、もしあなたが今の息苦しい世の中に苦しんでいるとしたら
ぜひ一度聴いてみてください。おそらく聴き終わったあとには
きっとあなたの心は少し軽くなっていることでしょう。

そんな彼女の曲の中で僕が好きな曲をもう一曲ご紹介。



ベスト 〜 レイン・オア・シャイン
岡崎律子
ニュートーラス (1997-10-25)
売り上げランキング: 27870
ベスト ~ レイン・オア・シャイン
(上記Amazonページより全曲試聴ができます)

“A Happy Life”。
実はこの歌、2007年にアニメ「まなびストレート!」のオープニング曲として
生前親交の深かった林原めぐみによってカバーされているんです。
それがこちら(スプレー缶の使い方が秀逸なアニメ映像も必見!!)。



A Happy Life
A Happy Life
posted with amazlet at 11.04.20
林原めぐみ たかはしごう 岡崎律子
キングレコード (2007-02-07)
売り上げランキング: 61705
A Happy Life [Single, Maxi]
(上記Amazonページより全曲試聴ができます)

この映像を見て思ったのは、
“こんな追悼の仕方もアリだな”
ということ。

追悼という後ろを振り返る感じよりも何か前を向いている、
新しい何かを感じさせてくれます。

彼女が作った歌を彼女が亡くなった今でも誰かによって歌い続けられる。
そして今日もまたそんな彼女の作った歌を聴いて元気付けられる人がいる。
言いたいのは彼女が死んでも彼女の歌はいまも生き続けているということ。

前に向かって歩いている。
まるでそれは彼女が生前歌っていた歌のテーマのように・・・。

【関連サイト】
岡崎律子Book
(生前作られていた彼女のホームページ。今も当時のまま残されております)