最近よく映画を観ます。
先日は地上波初放送ということで「舟を編む」を観ました。

小林薫がよかったです、ハイ。
彼は世間に対していちもつを持っている大人、つまりは少しひねた大人を演じるのが
うまい役者さんだと自分の中で思っていました。

なのに、この作品ではそういうのは一切無しに実直なサラリーマンを演じていました。
(役どころとしては辞書を作る部署の中で上司の右腕ともいわれる人物の役。ただ、妻の看病のために会社を辞めなければならなくなり、その為自分の代わりとなる人物をほかの部署からスカウトすることに・・・。そしてやっとの思いで見つけた人物こそが松田龍平演じる主人公“馬締光也(まじめ みつや)”・・・という感じで話が進んでいきます)

いや、この自分の得意な演じ方を封印して演じた彼の演技にシビれました。
例えるなら決め球がシュートのピッチャーがあえてシュートを使わないで
直球だけで勝負した潔さとでもいうか・・・

って、この例えでは誰にも分かってもらえないかも・・・。
(相変わらず例えが下手です。すいません・・・)

と、ここまで音楽ブログにもかかわらず、映画話を続けてしまいましたけど、
もう少し映画話が続きます。

先日観た映画でこんな映画があったんです。

ロード88 [出会い路、四国へ] [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2005-04-22)
売り上げランキング: 13,703

〜ストーリー〜
骨髄性白血病という難病を患っている主人公明日香は生きている証を求め、
たった一人でスケボーで四国八十八箇所を巡ることを決意する。
そこで彼女はいろいろな人に出会い、助けられ、また彼女に出会った人たちも
彼女のひたむきな姿に次第に感化され・・・

とまあ、こんな話です。
出演者が意外に豪華で、主人公の明日香役に村川絵梨(BOYSTYLE)、
その他小倉久寛 、長谷川初範、須藤理彩 、三宅裕司、岸谷五朗などなど。
チョイ役でポルノグラフィティの新藤晴一も出ています。

映画の短評としては映画にリアリティーを求める人にとっては
ツッコミどころ満載のご都合主義なストーリー展開ではあるのですが
心が洗われます。いい話です。

私としては高松英郎演じる認知症の老人と長谷川初範演じる
その息子の会話のシーンが心に残りました。

と同時にもう一つ心に残ったモノが・・・。
それは主人公明日香が四国八十八箇所最後の霊場、
いわゆる旅のゴールに向かうラストのシーンで流れてきたこの曲。

ご紹介CDはこちら↓
夢は夢のままで
夢は夢のままで
posted with amazlet at 14.04.28
古瀬陽子
ベットタリス (2004-09-17)
売り上げランキング: 917,239

夢は夢のままで [Maxi]
(試聴はありません。ごめんなさい・・・)

多くの人に聴いてもらいたいのでPV貼り付け!!



どうですか?いいでしょう。
若い人の純粋さが出てるといいますか、胸が締め付けられます。
どのくらいいいかといいますと、1年以上放置していたこのブログを
また更新しようと僕が思ってしまった・・・そのくらいいいです!!

ですので、みなさんも一度お試しください。
以上、CD屋さんが観る映画、もといCD屋さんが聴く音楽、久しぶりの更新でした。

【関連サイト】
古瀬陽子 | YOKO KOSE Official Site
(公式サイト。まだまだ現役。九州を拠点に音楽活動をしているみたいです。
SoundやVideoの欄よりいろんな曲を聴くことができます。)

YOKO KOSE BLOG | 古瀬陽子ブログ
(公式ブログ。彼女がMCをしている“古瀬陽子の前を向いて歩こう♪”情報など・・・)

古瀬陽子 - DUKE
(名曲「夢は夢のままで」誕生秘話が明らかに!!)